Netflix徹底解剖!一年間継続体験記 -ダウンロードも可能に!-


Netflix徹底解剖!一年間継続体験記

スポンサードリンク

2016年は様々な映像視聴サービスが盛り上がり、一体どれに登録すればいいの?などと思った人も少なくないでしょう。私自身も様々な映像視聴サービスを体験しました。ここ最近では、大手映像視聴サービス「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」、この3つが色んなサイトで比較されたり、記事として取りあげられていますね。(その他、dTVやAmazonプライムビデオなども人気が根強いですが)

そんな中私が行き着いたのはタイトルにもあるように、「Netflix」です。これら3つのサービスにはそれぞれのメリット・デメリットがあるのですが、個人的に「Netflix」これが総合的に良かったです。一年間、使い込んでみたレビューを書いていきたいと思います。

Netflixのページはこちらから!

Netflixについて

 

Netflix.Inc の本社はアメリカ(カリフォルニア州)にあります。映画大国であるアメリカで生まれた、アメリカ発の動画ストリーミングサービスです。1997年に設立され、映像サービスの最先端を走ってきました。
同じアメリカ(ロサンゼルス)発のサービスHuluの設立は2007年です。Huluよりも10年早くスタートダッシュをきっていたのですから、先見の明がありますね。

日本では、映像ストリーミングサービスが主流ですが、昔からアメリカではオンラインDVDレンタルを行なっており、実は主軸となる事業を2つ行なっている会社なのです。(日本では行なっていません。) ネットワーク技術の向上により、DVDをレンタルすることなく映像を視聴できるオンラインストリーミングサービスを開始しました。

その規模は言わずと知れていますが、会員数は全世界で8000万以上・190ヶ国以上でオンラインストリーミングサービスを展開している超大手企業です。(現在だとこれよりもっとユーザーが多くなっている事でしょう。)

日本では、2015年9月1日よりオンラインストリーミングサービス「Netflix」を開始しています。結構最近ですね!

 

 

Netflixの幅広い価格帯

 

様々な映像視聴サービスがある中で選択を決定付ける要因として、「料金」があると思います。2016年12月現在、最も安い大手映像視聴サービスはdTVの500円(税抜)です。dTVはコンテンツ数も多いので、この安さ故に登録する方もいらっしゃると思います。しかし、Netflixには複数の価格帯が用意されており、最安価はなんと650円(税抜)です!Netflixオリジナルコンテンツを観たい方や、登録制限台数を気にしない方であれば容易に手が届く価格です。特にスマホのみで動画サービスを利用する人であれば、充分な機能は揃っていると言えます。

では一体、どのように料金が変化するのでしょうか。下記をご覧ください。

料金体系
ベーシック(650円) スタンダード(950円) プレミアム(1450円)
標準画質(SD) 高画質(HD) 超高画質(UHD 4K),HDR
同時視聴台数 1 同時視聴台数 2 同時視聴台数 4

①ベーシック(650円)
標準画質(SD)
同時視聴台数 1

②スタンダード(950円)
高画質(HD)
同時視聴台数 2

③プレミアム(1450円)
超高画質(UHD 4K),HDR
同時視聴台数 4

Netflixではこの3つの価格帯が用意されており、画質と同時視聴台数によって異なります。つまり、自分の用途に合わせて料金を変化させることができるのです。これは他のオンラインストリーミングサービスには無いですね。ユーザーに合わせたサービスを選択できるのはNetflixの強みだと思います。

ちなみに、PCやTVやスマホ、デバイスを行き来して映画やドラマを観るよ!って人はスタンダードプランをお勧めします。950円(税抜)と、ベーシックより少し割高ですが折角視聴するなら、HD画質の方が断然良いです。特に画面が大きくなる程SDの画質の粗さが目立つので、視聴画面が大きい人はHD一択ですね。また、家族で同時にNetflixを使うという方もスタンダードプランをお勧めします。

また、NetflixはSoftBankと提携を結び、料金の支払いがSoftBankユーザーだと楽になります。この提携のお陰で今年はSoftBankから流入したNetflixユーザーが数多く居たらしいです。現在SoftBankユーザーの方はそういった意味で少しお得です!

 

 

他には無い高クオリティのNetflixオリジナルコンテンツ

 


さて、ここまで長々とNetflixと料金体系について記述してきましたが、ここからが本題です。

私がNetflixに行き着いた最大の理由は正に、「Netflixオリジナルコンテンツ」に有ります!
ここが他社と異なるNetflix独自の戦略でもあり、Netflixユーザーを急増させる要因ともなっているのです。
驚いたのがそのコンテンツ数と質の高さです。Netflixオリジナルはアメリカのものだけでなく、世界中で愛される様に各国独自のコンテンツを配信しているのです。あのフジテレビや、NHKとなんかも2016年に提携を結びました。日本だと、今年話題になったのは

・アンダーウェア(主演:桐谷美玲)
・テラスハウス シリーズ
・火花

などが挙げられます。どれも観ましたが、面白い。この一言に尽きます。特に「火花」は国内上映映画以上の質で、カメラワークも脚本も役者さんの演技も良く、原作を尊重してる素晴らしい作品でした。

その宣伝も大々的で、駅のホームに大型パネルが貼られていたり、TVなどではCMがこれでもかという程流れていましたね。Netflixさんも宣伝に力を入れていたので、オリジナルコンテンツが最大の武器と言っても過言では無いでしょう。

以下、国外オリジナルコンテンツラインナップを紹介します(一部)。

 

・ブラックミラー

・デアデビル

・ルーク・ケイジ

・ハウスオブカード

・ストレンジャーシングス

・カンフーパンダ3

などなど….

気になる作品だらけですね。どれも映画以上のクオリティで追加でお金を払わなくて良いの?って感じです(笑)
ドラマなんかは、1度観始めると止まりません。Netflixユーザーになった時には、オリジナル作品を1度視聴してみる事をお勧めします。

 

 

オリジナル作品はドラマだけじゃない!Netflixオリジナル映画が凄い件について

 

上にオリジナル作品の素晴らしさについて書きましたが、何とNetflixオリジナル作品はドラマだけでは無いのです。Netflixのみで配信している、Netflixオリジナル映画が有るのはご存知ですか?
TSUTAYAなどではレンタル出来ない、ここでしか見れない映画があるのです。ここでは特に印象に残った2つの映画を紹介しておこうと思います。

・XOXO

ダンスミュージックの祭典、EDMのフェスで偶然出会った男女6人が交錯し、奏でるストーリーです。オムニバス形式のようでありながら1つの時間軸で展開されるストーリーが濃いのが特徴。若き心情をEDMとネオンライトで表現しており、完成度の高い作品となっています。

 

・スペクトル

ある見えない「何か」が戦場に出現。見えない敵と一体どう戦うというのか、今までにないSFアクション大作でした。映像美もさながら、ハリウッド並みのVFXとセット、ストーリーを駆使して全体的に非常にバランスのとれた作品です。全国上映でも張り合える程のクオリティの高い映画です。

 

この2つ以外にも数多く面白い作品があります。是非探し当てて視聴してみてください。

 

 

Netflixはコンテンツ数が少ない?

 

オンラインストリーミングサービスを選ぶ基準において、料金と同じくらい重要な要因になってくるのがこのコンテンツ数です。自分の観たい作品が無ければ、登録しても意味が無いですよね。
Netflixでは、2016年12月現在、およそ4700タイトルが配信されています。これは他社と比較するとかなり少ない数となっています。
Huluではおよそ3万、dTVでは12万、U-NEXTも12万タイトルです。

「Netflix、コンテンツ数少ないから他社のサービスの方がいいんじゃ無いの?」と考えるのは当然の事でしょう。
確かにそうかもしれませんが、Netflixが売りとしているのはその「質」です。少ない配信数でも、観たい作品はそこに揃っています。

体験すると分かるのですが、他社のコンテンツはNetflixより多い分、自分が絶対視聴しないであろうコンテンツも含んでいます。その分配信本数も多くなっているので、他社の方が良いと思ってしまいがちですが、「実はそうではない」のです。どのオンラインストリーミングサービスも無料体験をやっていますから、1度登録してコンテンツ内容を比較してみるのが早いです。「あ、これ観たいな」と思った作品は、ほとんどNetflixでも配信されていることが多いです。

 

 

新作の更新頻度に満足度上昇!1年間利用してみて分かった事

 

私はサービスが始まっておよそ半年遅れでメンバーシップとなり1年近くサービスを利用したのですが、驚いたのは新作の更新頻度です。
そもそもNetflixはドラマが充実しており、更新頻度が高いのは当たり前なのですが、ここで言うのは「映画の」新作更新頻度のことです。
古い映画が追加配信されることは他社と同じですが、Netflixでは去年の・はたまた同年製作の映画を配信する頻度が割と高かった様な気がします。
ちょうどレンタルしようかな〜と思っていた作品がNetflixで配信されたりすることもたまにありました。Netflixではこの新作配信のチェックも楽しみで、しばらくNetflixを見ていないと結構な作品数が追加されていたりします。(時期により作品数はまちまちですが)

 

 

家族同時使用でも安心!視聴制限をかけられるペアレンタルコントロール

 

Netflixには、「ペアレンタルコントロール」という機能が存在します。

Netflixレーティングシステムによってレートが付けられたコンテンツの視聴を制限する機能です。つまり、子供には子供向けのコンテンツのみが表示されるように設定できるという、お子さんをお持ちの方には大変便利な機能なのです。
そのレーティングにも4つの段階があって、

・未就学児
・小学生
・中学生
・成人

の4段階となっています。また、プロフィール管理画面で「キッズ」を設定すると、簡単に子供向けのコンテンツ表示アカウントが作成されます。

 

洗練されたデザインが美しい

 

私がNetflixをお勧めする理由の1つとして、「デザイン」が挙げられます。アプリver.では黒い背景に赤字の「N」が映えるそのロゴは無駄が一切なく、視覚的に美しいです。
Netflixはロゴだけでなくそのユーザーインターフェースも洗練されています。ホーム画面では、自分にオススメの作品や視聴途中の作品、マイリストなどが同画面に表示され、メニューバーでジャンルや様々な要素から作品を探すことができます。
映画、ドラマを観たいけど何を観るか決まってない。そんな時でも作品を素早く見つけられる工夫がなされています。
Netflixには、他社にはないデザインの高級感があるのです。

さらに視聴途中では音声、字幕を映像を「再生しながら」変える事が可能です。映像を楽しむだけでなく、語学の勉強などにも幅広く使えそうな機能です。

 

 

ストリーミングからダウンロードへ!

 

2016年12月、アプリ版Netflixで大幅アップデートがありました。それが、「ダウンロードに対応し、映像をオフラインで再生する事が可能」という内容でした。
これはかなり嬉しい機能です。

Netflixは、ダウンロードには対応しない(せずとも良質なコンテンツで勝負する)サービスだと思っていたので、このアップデートはかなり予想外でした。

これまでのNetflixのデメリットとして、映像をダウンロードできないことがかなりネックになっていました。それでダウンロードに対応しているdTVやAmazonプライムビデオなどに流れる人が多かったと思うのですが、今回のアップデートを機にそのデメリットは完全に解消されました!

確認したところ、Netflixアプリ内でダウンロードできる作品とできない作品がある様ですが、ほとんどの作品がダウンロード可能でした。

通勤、通学時間が長い人や、逆に映画を見る時間が無い人は、この機能を利用して是非空き時間にご覧になってください。

 

 

 

おわりに

 

さて、いかがだったでしょうか。Netflixの主要な魅力を語ったつもりです(笑)
どのサービスに登録しようか迷っているそこの貴方。是非Netflixをオススメ致します。

昔とは比べ物にならない程サービスは良質で、ここにダウンロード機能が加わった事で特に他社のサービスを勧める機会は完全に無くなりました。
最早文句が無いほど完璧なサービスとなったNetflix、まずは1度無料体験をする事をオススメします!

もし満足すれば是非メンバーシップとなって、共にNetflixを支えていきましょう。

(あ、別に宣伝とかではないですよ!本当に純粋に勧めたいので記事にしました!)

今なら一ヶ月無料体験も行なっています。まだ体験していない人は一度やってみて下さい。

 

1か月無料体験はこちら

スポンサードリンク